2014年6月の半ば、北海道で例年の約6倍の雨量を記録

このエントリーをはてなブックマークに追加

北海道には梅雨がないと言われていた。しかし、2014年6月は例年とは打って変わって6月16日現在で、例年の6倍の雨を記録している。一方、梅雨に入っている九州福岡では、例年の1%の雨しか降っていない(6月後半になって、集中した雨を経験した)。関東地域でも、6月に入って早々3日間で梅雨の間で降る雨を記録した。異常気象と言える状況が、ますます大きな異変として顕在化してきているように思える。私たちは、すでに温暖化による異常気象の真只中にいると認識すべき状況にあると、私は考える。大雨による河川の氾濫、浸水や崖崩れ、交通網の遮断による孤立や、崖崩れによる家屋の倒壊などなどの災害からどう免れるか。こうしたことを真剣に考えなければならい状況に来ている。住み慣れた場所からの移転は容易ではない。誰もそうしたことが起きないことを願うが、どう見てもここ最近に起こっている異常気象は、このことを考えなければならない段階に来ているといえよう。からの避難など、被害を受ける恐れのある場所からの計画的な避難を考慮すべき段階に来ていると考える。強靭化国家を唱える政府は、首都直下型地震、東海、南海地震への備えを前提としたものだが、地球温暖化がもたらす異常気象による災害(猛暑、豪雨、竜巻、台風の巨大化等)についても想定した対応、対策が求められていると考える。

前号のブログを修正し、雨の降らない北海道の地盤が、多くの水を含む地盤に変わったことで、何がどう変わったのかモニタリングが必要である。穿った見方でかもしれないが、6月22日のJR北海道の貨物列車の脱線事故は、軌道幅の問題点(メンテナンス)だけではなく、長雨による地盤の緩みもその要因の一つではなかったかと、私は考える。比較的平坦で、さほど大きなカーブでもない線路区域で起こった事故、そうあって欲しくないが異常気象がトリガーになった要素も検証が必要と考えるのは、私だけであろうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です