wordpressの被害

このエントリーをはてなブックマークに追加

大量の時間を掛け投稿した原稿が一瞬のうちに消え去ってしまう。今、こうしていとも簡単に文字入力ができ、かつ公開のボタンの押すとサイトのアップが可能だと思い使っているwordpressだが、原稿の見直したいので、サイトを開き追記したのち、更新ボタンを押す。原稿が変更されたメッセージが上部に示され、投稿を表示のボタンのでサイトを見る。間違いなく入力されているなと確認し、RC組織の社会的責任の時代到来130106を切る。しめしめ、改めていろいろ書きこんだpdfファイルをメディア使いのサイトにファイルから取り寄せ、これを文章にぶら下げる。更新ボタンを押す。しめしめ大丈夫だとサイトを閉じる・・・さらに書き込んだところ、最後にサイト公開をクリック・・・待つこと1分、手品のごとくすべての原稿が消え去る。これは言った何なのか?ジャストシステムが言うには、ホームページビルダー(HB)が、ワードプレスのサイトの原稿もオーバーライトして消し去るという。こんなシステムが許されるのか・・・私にはワードプレスとホームページビルダーとの親和性が極めてよろしくないと考えるのだが。そもそも、ワードプレスで書いた原稿をHBがオーバーライトするとは何ぞや?これらをスキャンしながら、「消してしまうよと」シグナルを発してもよいと思うのだが、そもそも、両者の親和性を高めてもらうことを求めたい?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です