地球温暖化対策に配慮した日本の農業の在り方を考える

このエントリーをはてなブックマークに追加

-地球温暖化対策に配慮した日本の農業の在り方を考える-

-露地栽培を補完する完全制御型木造植物工場建設の時代到来-

  1. はじめに(温暖化に伴う異常気象が頻発)

2013年9月中旬の台風18号は多大な被害をもたらし、日本政府はこの災害を「激甚災害」に指定した。同台風による被害状況は未だ詳細には明らかにされていないが、農地や農業用水路等の農業関連の被害は、京都府と滋賀県で10億円以上になり、全国では42億円を超える見込みであることが、9月27日のNHKニュースで紹介された。

ところで、日本における2013年度の初夏から初秋にかけて、長雨、豪雨、気温上昇、強風(竜巻)等の異常気象が頻発した。それをまとめたのが表-1(出典:日本経済新聞2013年9月3日号)である。

表-1 2013年5月~9月にかけて発生した異常気象

月 日

異常気象の内容

5月24日

  • 大分県日田市で今年全国初の猛暑日

6月13日

  • 33地点/927地点で猛暑日。6月最多

7月8日

  • 山梨県甲州市などで今年初の38度超を記録

9日

  • 〃甲州市で今年初の39度超を記録

10日

  • 猛暑日が今年初の100地点を超えた

11日

  • 140地点で猛暑日。7月最多を記録

28日

  • 山口、島根両県で「特別警報」(※)相当の大雨

8月9日

  • 秋田、岩手両県で特別警報相当の大雨。猛暑日が今年初の200地点越え

10日

  • 甲府市と高知県四万十市で40.7度。40度超えは6年ぶり

11日

  • 297地点で猛暑日。今年最多

12日

  • 四万十市で国内観測史上最高の41.0度を記録

13日

  • 四万十市で4日間連続の40度超え

16日

  • 754地点で真夏日。年度最多

24日

  • 島根県西部で特別警報相当の大雨

26日

  • 53日ぶりに猛暑日ゼロ

9月2日

  • 埼玉県越谷市、千葉県野田市で竜巻が発生

4日

  • 徳島市、名古屋市、栃木県矢板市で特別警報相当の大雨。

16日

  • 台風18号愛知県豊橋市に上陸

   ※:気象庁は、2013年8月30日(金)に「特別警報」の運用を開始した。

これまで、大雨、地震、津波、高潮などにより重大な災害の起こるおそれがある時に、警報を発表して警戒を呼びかけていたが、今後は、この警報の発表基準をはるかに超える豪雨や大津波等が予想され、重大な災害の危険性が著しく高まっている場合、新たに「特別警報」を発表し、最大限の警戒を呼びかけることになった。

  以上のような頻発する異常気象現象について、NHKをはじめ日本の主だったマスコミは、これらの要因が温暖化によるものであるとの説明に極めて慎重で、最近になってようやく発せられるようになってきたと感じたのは、私だけではないと考える。

  それもそのはず、9月28日の日経朝刊の第1面に『温暖化「極端な気象」頻発』の見出しに続き、第3面には27日にストックホルムで開かれていた国連気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の会合で、第5次評価報告書に盛り込む研究成果についての協議が行われた。その結果、次の①~⑤が評価報告書に取り上げられることが決定され、2013年10月1日にリリースされた。

  1.  温暖化は人間活動に起因する可能性が95%以上に達する
  2. 温室効果ガスの濃度は少なくとも最近80万年で前例のない水準に達した(2013年5月にハワイのマウナロア観測所で、CO2濃度が400ppmを記録)
  3.   二酸化炭素濃度は産業革命から40%増加した
  4.  今世紀末の平均気温が0.3~4.8℃上昇
  5.  今世紀末までに海面が26~82cm上昇

この第5次評価報告書は、見方を変えれば、このままでは“温暖化地獄”は避けられない状況にあることを示唆するものである。

  いみじくも日本において、この1年間で起こった様々な自然災害(猛暑、豪雨、竜巻、強大化し台風等)は、明らかに温暖化がもたらした事象であったと言えよう。以下、論文を添付したので参照されたい。地球温暖化と植物向上の役割131014修正


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です