谷學が考える養豚経営革命

このエントリーをはてなブックマークに追加

微細気泡による養豚排せつ物処理141009pdf②:日本における豚肉の自給率は、2011(平成23)年現在で52%であった。過去9年間では、豚肉自給率の推移は50~55%で、湯輸入率が最も高かったは2009年の55%、一方もっとも低かったの2005(平成17)年の50%で、それぞれの輸入量は前者が約7億トン、後者が8億8千万トンであった。日本が輸入している相手国は、1位が米国、2位がカナダ、そして3位がデンマークとなっている。今後の環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)において、豚肉の輸入がどのような状況に向かうのが不透明な部分はあるが、養豚業界としては、自給率を高めて行きたいとするのが望ましい姿であろう。その意味で、養豚経営革命は喫緊の課題であろうと考える。そこで、神奈川県の事例ではあるが、養豚経営にはまだまだ生産性を挙げる猶予があることに着目し、経営改善の一手法について、提案書としてまとめた。それが『神奈川県下における養豚業の経営革新141217』(提案書)である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です