「OS-lab Factor 10 Club」の創設

オーエスラボ(OS-lab)がホームページを立ち上げた目的は、「ファクター10」(Factor10)の社会実現の輪を広げることが目的です。そこで、一般的にはまだ認識されていない用語、「ポイント・オブ・ノーリターン」(Point of No Return)を取り上げ、地球の平均気温が2℃(現状、1880~2010年の130年間で0.9℃上昇)を超えると、“カーボンサイクルフィードバック”(Carbon Cycle Feedback)による地球温暖化の自己増殖が始まることについて、紹介させていただきました。そして、極めてホットなニュースとして、米国海洋大気局のハワイマウナロア観測所でCO2濃度がこれまでの最高値400ppmに達しことをトッピクスとして取り上げました(2013年5月10日日経朝刊)。ここで整理しておきたいのですが、地球温暖化に最も大きく寄与しているのは大気中の水蒸気です。この寄与率が60~90%と説明されています。水蒸気の削減について議論されないのは、いうまでもなく削減が困難だからです。水蒸気を除く温室効果ガス(GHG:Green House Gas)の温暖化への寄与率で、最も高いものが二酸化炭素(CO2)で60%、次いでメタン(CH4)が20%、フォロンなどが14%、残りが一酸化二窒素(N2O)6%となっています。今日、温室効果ガス(CO2)を最も多く排出している国は中国で、次いで米国が2番目となっています。現在の地球温暖化は、明らかに人為的な活動によるものであると、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の第4次報告書(2007年11月)が明らかにしています。

ところで、2011年3月11日の東日本大震災後に起こった福島第一原子力発電所の事故を経験する以前は、ジェイムズ・ラブロック(James Lovelock)氏が2004年に宣言した「原子力だけが地球温暖化を停止することができる」とする考え方が大勢を占めていました。事実、日本は京都議定書の温室効果ガス削減目標では、原子力発電の稼働状況が目標達成の鍵を握っていると説明していました。しかし、原子力は人間が制御できる技術に達していないことを、私たちは、いわゆる3.11によって思い知らされたことになります。こうした中、BRICS(ブリックス)の台頭は、地球上のエネルギー・資源の消費レベルを驚異的に高めています。したがって、地球温暖化は加速度がついていると言えます。ところが、一時期、喧しく言われていた2030年頃に「ピークオイル」「ピークメタル」に達することから引き起こされる、私たちの経済社会システムのカタストロフィー(崩壊の危機)に関するメッセージは鳴りを潜めています。開発途上国が豊かになることに異存はないものの、従来型のエネルギー・資源の活用モデルでは、早晩、私たちの経済社会システムは崩壊の道へと突き進むことになります。私は、ひたすらエネルギーと資源の生産性の向上、すなわち「Factor 10」の社会実現が不可欠だと考えています。そこで私は、「OS-lab Factor 10 Club」を創設し、まずは自らその活動に乗り出す覚悟を決めました。当初は、可能な限りメッセージの発信力に心掛け、タイミングを見て、関係者とスクラムを組み活動を推し進めたいと考えています。「OS-lab Factor 10 Club」にご賛同いただけます方は、「いいねをクリックいただければ有難いです。

『「クモの糸」産業用に量産』の記事を読んで

次の下線を引いた文章は、「自然資本の経済」(ポールホーケン、ハンターロビンス、エイモリロビンス著p127)からの引用したものです。

クモの絹糸に最も近い人工繊維は、アラミド繊維のケプラーであり、それは弾丸を停止させるほど強靭である。しかし、ケプラーをつくるには。石油から誘導した分子を濃硫酸の入った加圧バットに注入し、華氏数百度で沸騰させて液晶形に変換して、さらに高圧をかけ、繊維を引き伸ばしながら、成形する必要がある。クモは、それに劣らず強靭で、より弾力性のある糸を体温で紡ぎ出せる。高圧も、熱も、腐食性のある酸も使わない。クモの技を解明することができれば、人間も再生可能な水溶性の原材料にわずかなエネルギーを加えるだけで強靭な不溶性の繊維を作り出せるし、有害な廃棄物を出すこともない」(ジャニス・ベニュス1997年)

クモが糸を出して巣を張ることや、アメンボが水面を走る姿に対して、私たちは当然の行為だと何ら疑問を持たず見つめています。ここで紹介されているようにクモの糸は極めて強靭であり、その糸をクモは環境に負荷を与えず紡ぎ出しています。しかし、人がそれに匹敵するアラミド繊維を造り出すには前述したとおり、化学物質を使い高熱、高圧を掛け造り出す、すなわち多大な環境負荷を掛けているのが現状です。ところが、5月25日に目にした新聞記事(日経朝刊)で紹介された『「クモの糸」産業用に量産、慶大発VBなど微生物を利用』は、まさに人間が生物の行いに沿ってクモの糸に匹敵するものを造ることを可能にしたニュースでした。まだ多くの方々は、あまり耳にしていないと思いますが、先のジャニス・ベニュス氏は、動植物が持つこうした機能を模倣することで、環境負荷を与えない物造が可能であることを説明しています。これをバイオミミクリー(Bio mimicry)、生物模倣と言っています。

ジャニス・ベニュス氏は、2009年7月のTED (Technology Environmental Design)Talksで「行動するバイオミミクリー」と題しスピーチを行っています。http://www.ted.com/speakers/janine_benyus.html(参照)。

TED Talksでは、ブリッド・トレイン(新幹線)の先端部分は、カワセミのクチバシをヒントに造られたたもので、トンネルを高速で走り抜けるときに生じる空気振動を和らげる効果を見出していることなど、様々なバイオミミクリーについて、極めて興味深く語っています。なお、この生物模倣すなわちバイオミミクリーを“ネイチャー・テクノロジー”と説明される方もおられます。いずれにしても、“クモの糸”が現実のものとなったニュースは、大いに賞賛を受けるべき快挙だと、私は考えます。“ファクター10”をめざすOS-labの一員として、このニュースを目にし、改めてバイオミミクリーがいろいろな分野で応用され始めていることに気づかされたことは、地球の持続的発展の可能性の観点から極めて大きな収穫のように思えてなりません。

先例を脱皮できない国際ロータリー(Rotary International):

「…運動も年を経ると、定型化するようになります。伝統が正当な判断力の行使を妨げます。先例を尊重するようになり、先例が必要以上に重要性を帯びてきます。…誰も先例をあえて破るとはしません。…」また、「人間は通常進歩するという点で、他の動物とは異なります。人間の進歩を長く抑えることのできる唯一のものは、先例です。」これらのメッセージは、いずれも1930年米国シカゴにおけるRI国際大会でのポール・ハリスメッセージです。

日本のロータリー組織は、2013年5月現在、ゾーン数で3、地区数で34、クラブ総数で2,301、会員総数は8.9万人です。会員の誰もが分かっていることですが、日本は、世界一速い少子高齢化を迎えている国です。したがって、明らかに日本のロータリー組織は、どこの国の組織よりも弱体化が早まっていることを認めていると、私は考えます。1930年のシカゴ大会からすでに83年が経っていますが、日本のロータリーは今こそ、このポール・ハリスのメッセージを重く受け止める必要があります。少子高齢化に「人間の進歩を長く抑える…先例」を打破しなければ、雪崩を打って崩壊に向かいます。私たちには、ムーアの法則に基づき飛躍的に発達してきたICT技術があります。先例を打ち破る、優れたコミュニケーション・ツールであり、すでに私たちを取り巻く環境は、このICTで激変しています。17、18日に広島で開催されました「2013ロータリー国際平和フォーラム広島」、2013ロータリー国際平和フォーラム

SNSを利用している方々は、友情と親睦の様々な場面について、JRICを通し配信していただいています。でも、圧倒的に静止画像とコメントも申し分程度でのものが大半です。ネットでつながりのある方々、あるいはそうでない方々が現地広島でface to faceで触れ合う、その感激には計り知れないものがあることは理解できます。10人10様でしょう。でも、私はこのフォーラムのプロモーションビデオを見て、どう考えればよいのか迷ってしまいました。フィーリング、ただそれだけでよいのでしょうか?ビデオにはナレーションがない。見ればわかる。来れば(行けば)分かる。田中作治RI会長の生な声が聞こえない。誰も、会場で放たれたメッセージをYou Tubeでは流してないようです。On Demandで会長メッセージが流されてもしかるべきだと考えます。現地に足を運べなかった者として、そうしたプログラムはできなかったのでしょうか。知らないは、私だけかもしれませんが。すごい勢いでパラダイムが変わっている。ロータリアンよ、先例を取っ払いましょうよ!以上は、あくまでも谷學の私見です。

真山仁著「黙示」にみる真山語録

  1. CSRは画餅:「企業の社会的責任を意味するCSRは、2000年代初頭から日本でも活発になった。所詮は本業に余裕にある企業の”きれい事”的要素を拭えない。その上2008年のリーマンショックを機に、形だけのお題目を並べているだけで、現実は殆どの活動が縮小されている」真山仁著「黙示」p99より
  2. CSRに一面の味方結局はマーケティングの一環に過ぎない気がする。利益追求を目標とする企業と奉仕活動とはあいれないのではないか。」
  3. 日本の農政の現状主業農家とは、農業収入が農業外収入を超え、65歳未満の働き手が年間60日以上農業に従事する農家を指す…コメ農家約140万戸のうち、7割の100万戸が1ヘクタール未満の農家で、農業収入が3万以下…そんな農家に1ヘクタール当たり年間95万円もの補助金を出すなど犯罪行為だ…」p132、p133
  4. 難民キャンプや紛争地帯の絶望の中の笑顔とか希望とかを撮ってこい業務指示に対して:「平和な場所で飽食の限りを尽くす連中が口にする希望の軽薄さに、はらわたが煮えくり返った。p165
  5. 飽食の国、日本:「日本は世界一食べ物を捨てている国だと言われている。その量は、年間実に2,189万トンにも及ぶ。P324
  6. 農薬が欠かせない茶葉:「茶葉は農薬の散布量が多いとお叱りを受けます。確かに農薬の残留基準値がお茶だけは高いのは否定できません。…茶葉は虫にかじられると、独特の甘みが飛び、渋いお茶になってしまいます。高級茶にとってアミノ酸成分豊かな甘みこそが命なのですが、その味が損なわれるのです。」p208

wordpressの被害

大量の時間を掛け投稿した原稿が一瞬のうちに消え去ってしまう。今、こうしていとも簡単に文字入力ができ、かつ公開のボタンの押すとサイトのアップが可能だと思い使っているwordpressだが、原稿の見直したいので、サイトを開き追記したのち、更新ボタンを押す。原稿が変更されたメッセージが上部に示され、投稿を表示のボタンのでサイトを見る。間違いなく入力されているなと確認し、RC組織の社会的責任の時代到来130106を切る。しめしめ、改めていろいろ書きこんだpdfファイルをメディア使いのサイトにファイルから取り寄せ、これを文章にぶら下げる。更新ボタンを押す。しめしめ大丈夫だとサイトを閉じる・・・さらに書き込んだところ、最後にサイト公開をクリック・・・待つこと1分、手品のごとくすべての原稿が消え去る。これは言った何なのか?ジャストシステムが言うには、ホームページビルダー(HB)が、ワードプレスのサイトの原稿もオーバーライトして消し去るという。こんなシステムが許されるのか・・・私にはワードプレスとホームページビルダーとの親和性が極めてよろしくないと考えるのだが。そもそも、ワードプレスで書いた原稿をHBがオーバーライトするとは何ぞや?これらをスキャンしながら、「消してしまうよと」シグナルを発してもよいと思うのだが、そもそも、両者の親和性を高めてもらうことを求めたい?