国際ロータリー(RI)第2750地区「地区大会」にカーボン・オフセット活動を導入

このエントリーをはてなブックマークに追加

2012-13年度国際ロータリー(RI:Rotary International)第2750地区は、「地区大会」実施に伴う環境負荷量を東北(岩手県)で創出されたオフセット・クレジット(J-VER)を購入し、相殺(カーボン・オフセット)しました。また、この大会は環境省の”会議・イベントにおけるカーボン・オフセット認証”を受けたものとなりました。大会の様子は、環境省のYouTubeにアップされています。なお、オスセット・クレジットの購入代金は、岩手県における復興支援のために再投資されます。今回は岩手県のクレジットを使いましたが、宮城、福島県等においてもクレジットは発行されています。いずれに致しましても、「東北復興支援」と「地球温暖化対策」の両方に貢献できるロータリー・クラブの画期的な新しい奉仕活動の一つと言えるのではないでしょうか。ちなみに、RI第2750地区の“カーボン・オフセット認証地区大会”は、東京大森ロータリー・クラブのロータリアンが企画したものです。地区大会においてオフセット活動をリードしたのは、東京目黒ロータリー・クラブ地区大会実行委員会の皆さんです。多くのロータリアンの皆さんには、「会議・イベントのオフセット活動」を理解していただくために、是非、YouTubeを見ていただきたいと思います。http://www.youtube.com/watch?v=mC1eoy57I0c&list=UUl_vpnyuAvUewfQG8B962xg&index=3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です