地球温暖化は、これら起こる様々な異常気象に備えた対応が求めれる段階に入った

このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年10月、IPCCの第5次評価報告書が明らかのされる。「地球温暖化に伴う異常気象等現象は、人類の諸活動に伴い95%以上の確率で発生してる事象である」温暖化問題は、温室効果ガス(GHG)の削減はもとより、異常気象によってもたらされる事象(猛暑、豪雨、竜巻、巨大台風等)によるダメージを如何にするか、今はこの改題解決の段階に入っていることを強う認識し、被害を最小限に押させる手立て着手すべき時代である。政府の言うレジリエンスは、これから起こるであろう様々な自然災害の極小化とダーメージを受けた多との復元力(レジリエンス)が求められている。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です