Rotary Ⅰ

このエントリーをはてなブックマークに追加
ロータリー・クラブの創始者ポール・ハリスは1868年4月19日に誕生し、1947年1月27日に亡くなっています。覚えやすくするために明治政府が誕生した年に生まれ、私谷學が誕生した年に亡くなっています。ポール・ハリスは1930年の国際大会で「…ロータリーは建設的な批判をしてくれる部局が必要です。丁度、大企業の調査部のような何かです。…時に革命が起こる必要があります。」というメッセージを残しています。
  • RLI(Rotary Leadership Institute):日本語では「ロータリー・リーダーシップ研究会」と言っています。周知のとおり、日本は1990年代初頭までは高度経済成長に沸き、多くの方が事業の成功に伴い豊かになっていました。お金に余裕が出ると、自分の生業で得たお金、加えて自分の事業経験を社会に役立てたい、つまり社会貢献に関心を持つようになります。そうした中、社会貢献組織として、人道的奉仕活動の分野で実績を抱えている「ロータリー・クラブ」に注目を寄せるようになります。国際ロータリー(RI:Rotary International)は、1905年に米国シカゴでスタートしたNGO組織です。日本のロータリー・クラブは、1920年に米山梅吉氏によって「東京ロータリー・クラブが」が設立されたのが最初です。第2次世界大戦後も、1948年には日本のロータリー・クラブは早々と復帰しています。当初は誰でもが入会できる組織ではなく、会員(ロータリアンと呼ぶ)になることが、社会的な名誉(ステータス)を得た証として見られていた時期もあったようです。バブル景気で沸き立つ1990年代の日本は、我も我もとロータリー・クラブに加入し、1996年にはほぼ13万の会員を抱える大組織になっていました。この時代、バブル景気に沸いたのは、何も日本だけではありません。したがって、先進国のロータリー・クラブ会員数は日本同様大幅に増加していました。急拡大した組織が持つ悩みは、組織をどう運営すべきか、個別クラブ、グループ組織、地区組織等のリーダー育成が喫緊の課題となりました。こうした背景の下、1992年に米国でスタートしたのがRLIです。しかし、皮肉なもので、1990年代初頭は、バブル経済絶頂期を迎えたと同時に、ほどなくバブルがはじけた時代でもありました。私の所属する国際ロータリー(RI)第2750地区がRLIを始めたのは2009年です。2013年の今日で5回の開催を終えています。このリーダーシップ研修が、新たなリーダーを生んだかは検証ができていないようです。
  • DL(Discussion Leader):RLIでは、DLはファシリテーターとしての進行役に過ぎません。しかし、DLにはロータリーポリシーが不可欠です。研修はDLを中心に10名程度のグループで、①ロータリー倫理規範、②リーダーシップ、③ロータリー戦略計画、④ロータリー会員勧誘、⑤ロータリー財団、⑥米山奨学生制度の6つのセッションについて、討議方式(建前は)で進められます。毎回、60名の参加者が集まれば良い方です。私は、このうち①~④につて、DLを務めました。いずれのセッションにつても、私なりにまとめた論文があります。以下は、それらについて、pdfで添付しましたので、ご関心のある方は、是非、読んでいただいた後、谷學までご感想を寄せていただければ幸いであります。
  • 1)RC倫理規範120404
    2)RIリーダーシップ120923
    3)RI戦略計画の理解120626
    4)ロータリー会員勧誘121109
    5)RLI研修に参加して120204
    6)RC組織の社会的責任の時代到来130106RC組織の社会的責任の時代到来130106

Rotary Ⅰ」への2件のフィードバック

  1. 谷さん、2750地区RLIではお世話になりました。2790地区成田RCの松田です。ネット検索していたクラブ会員から連絡が入りました。事実と異なっていますので次回からはお願いします。
    1.米山奨学生に関してクラブ細則に謳った経緯はありません。
    2.成田RCと千葉西RCを混同されているようです、
    一人で8名は千葉西でCLP非採用、成田はCLP採用ですが海寶さんは千葉西の会員です。

    ・成田RC では、米山奨学生に関する事項をクラブ細則に謳っている。例えば、卒業後1、2 年後にロータリアンに
    と、・成田RC(1790 地区)では、57 名の会員がいるが、1 人で8 人を勧誘したという事例が紹介されました。これは、活動の偏りを示すもので、ロータリアンの
    全員参加に結びついていないことの課題を示したものと見られます。
    ・また、CLP を導入し4 大奉仕委員会に絞ったことの紹介がありました(海寶氏の貢献でとの断りが入りました)。なお、これが効果的なクラブ運営につながったとの説明はされませんでした。

    • 松田様、お返事が遅れましたが、ご指摘の内容、私のfacebookで紹介したものでしょうか。上述の内容を記述した記憶がないのですが、具体的に私が記述したされるものの期日をお教えいただければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です